油断大敵のアライグマを駆除!「感染症に注意しながら退治」

アライグマ駆除で身の安全を守ろう【被害を防ぐ手段】

感染症を引き起こす危険性がある

見た目は可愛くてもアライグマは住宅街を襲ってしまう危険な害獣です。アライグマには危険な感染症の一つであるアライグマ回虫症を持っています。このアライグマ回虫症が人間に感染すると脳障害を引き起こすこともあるので、アライグマを見かけたらすぐに駆除をすることが大切です。

アライグマによる被害を防ぐ方法ベスト5

no.1

餌付けをしない

子供などは特にアライグマを見かけると餌付けをしてしまいがちです。餌付けをされたアライグマは餌があると認識をして出没しやすくなります。住まいの近くだと、安全性の高い環境だと思ってそこに居座ってしまう可能性があります。繁殖力もあるので、絶対に餌付けはしないようにしてください。

no.2

餌になるものは絶対に出さない

生ごみなどを出すとそれを狙ってアライグマが寄ってくる可能性があります。人目につかないところにごみを置いてはいけません。また住宅周りを綺麗にしておけば、アライグマにとって餌となるものがなくなるので周囲に寄り付かなくなるでしょう。普段から掃除をして清潔にすることが大切です。

no.3

うがいや手洗いを徹底

アライグマによる被害で一番危険なのがアライグマ回虫症の感染症です。住宅にアライグマの住処がある場合は、アライグマ回虫症がうようよしている可能性が高いので、口の中に入って感染しないよう手洗いやうがいを徹底するようにしてください。

no.4

侵入口を徹底的に防ぐ

小さな隙間でもアライグマはそこから侵入してしまうので、アライグマ対策をするために侵入口を塞ぐようにしましょう。アライグマ駆除を専門としている業者に相談をすれば、アライグマが入りそうなところをチェックしてそこから侵入させないように対策をしてくれますよ。

no.5

対策グッズでアライグマを撃退

市販でアライグマを撃退させるグッズがいくつも登場しています。アライグマは夜行性なので、人間が寝ている間に活動をします。アライグマは青色LEDが苦手といわれているので、それで活動を低下させることも可能です。アライグマによる被害を受けている人は対策グッズでアライグマを撃退しましょう。

油断大敵のアライグマを駆除!「感染症に注意しながら退治」

アライグマ

アライグマはどのような被害があるのか

屋根裏など人間があまり足を踏み入れない場所にアライグマは巣を作ってしまいます。夜行性の動物なので、夜になると足音などで騒音被害を出すこともあります。また糞や尿による異臭問題もアライグマが発生させてしまうでしょう。他にも農作物への被害もあります。

専門業者に調査をしてもらって原因を知る

アライグマかと思っていたらイノシシやネズミの仕業だったということもあるので、徹底的にどの動物が犯人なのかを調べる必要があります。足跡や毛、被害状況などで犯人を特定することができるので、業者に依頼をして調査をしてもらいましょう。

追い出したり、捕獲をする

その時の状況によっても異なりますが、アライグマ駆除をする際には追い出す方法と捕獲をする方法の二種類に分けられています。捕獲をする方法であるときは、捕獲かごや足をくくりつける罠などを仕掛けます。必ず捕獲できるわけではないので、何か所にも設置をする必要があります。

広告募集中